子供と医者の相性が悪いなら別の専門医を探しましょう。

MENU

子供との相性が良いか

 

良い小児科を選ぶ際に、病院の大きさや専門医の有無は非常に大事です。
しかし、安心して通える病院にするには子供と医者の相性を大切にしなければなりません。

 

どんなに信頼出来る医者であっても、子供が恐怖心や不安を抱く場合は避けるのが良いです。
腕も確かで評判も良い小児科の先生を見つけたら、ついついそこに通い続けたくなります。
そうした気持ちは十分に分かりますが、子供と医者の相性が悪いなら別の専門医を探してあげましょう。

 

男性か女性かも大事

一括りに医者を考えずに、まずは性別についても考えなければなりません。
男性の医者に安心する子供も居ますし、その逆で女性の医者に心を開く子供も居ます。

 

同性が良いケースもあれば異性が良いケースもあるでしょう。
子供の性格や育った環境によっても違いが現れます。

 

親の立場だと医者のスキルや肩書きに注目してしまいますが、子供のためには相性を重視しなければなりません。
医者と子供の相性は実際に診察を受けてみなければ分からないです。
相性が悪いと感じたなら、潔く別の専門医を探す選択肢も考慮しましょう。
子供が病院へ行きたくないがために、痛みや病気を隠してしまうこともあるのです。

 

病院の雰囲気も大事

医者と不安な子供

子供と医者の相性はとても重要なので、なるべくなら子供の意志を尊重してあげたいものです。
病院を変えるのが一番良い解決策ですが、ようやく見つけた病院でも子供が医者を毛嫌いしたら困ってしまいます。

 

まずは、子供が何を嫌がっているのかを分析するところから始めましょう。
先生が怖い、そうした子供の意見を真に受けてはいけません。

 

例えば、病院の雰囲気が暗いのが原因だったケースもあるのです。
病院が子供向けの明るい雰囲気になった途端、同じ医者の先生でも怖がらなくなったエピソードがあります。
医者を怖く感じてしまうのは事実だとしても、それに至る原因が別にあるかもしれないのです。

 

子供と話をするようにして、何が怖いのかをじっくりと聞き出してみましょう。
意外と些細な理由で医者への恐怖心が消えてしまい、相性の悪さが改善されることもあります。