かかりつけ医がいれば、赤ちゃんの健康はより安全になります。

MENU

かかりつけ医を見つけることのメリット

 

赤ちゃんにかかりつけ医は必要なのか考えたことはあるでしょうか?
良く分からないのを理由に意識していないのなら要注意です。

 

3歳未満の赤ちゃんは自分の症状をうまく伝えられません。
まったく痛くない部分を痛いと宣言してしまうことすらあるのです。
だからこそ、客観的な診察により的確な治療を見出せる医者が必要なのです。

 

そして、そうした治療方針を見つけられるのはかかりつけ医の方が良いでしょう。
何度も接しているからこそ赤ちゃんの体質や様子に詳しくなれます。
過去の投薬や病気の傾向なども分析出来るメリットがあります。

 

ここではかかりつけ医を見つけるメリットについて紹介したいと思います。

 

 

かかりつけ医が居るメリット

 

ハートを持つ医者

 

冒頭でも触れましたが、赤ちゃんの体質や性格に詳しい医者が居るのは安心出来ます。
過去の診察で投薬の影響などが分かれば、今後の治療方針を決める際により効果的な選択肢が取れます。

 

また、アレルギーや重い病気に掛かった場合、他の病院を診察しなければいけない状況もあるでしょう。
そうした時に、紹介状を書いてもらえたり、投薬等に対するアドバイスをもらえたりします。
赤ちゃんの状態に詳しければこうしたメリットが発生するので覚えておきましょう。

 

 

病気でなくても交流する

かかりつけ医のメリットは、定期的な健康診断を受けることにもあります。
病気になってから医者を頼るのが一般的ですが、かかりつけ医の場合は病気になる前からケアを行います。

 

定期的な健康診断は身体の不調を早期発見しますし、時には食生活に対するアドバイスも貰えるでしょう。
病気の治療だけではなく心の治療も行えますし、他の専門医や病院を紹介してもらうケースもあるのです。

 

良く知っている相手だからこそ、病気の傾向を見つけられると言っても良いです。
かかりつけ医が居れば赤ちゃんの健康はより安全になります。

 

初めての子育てで不安になっている親としても、かかりつけ医が居る安心感は高いメリットです。
頻繁に通い詰めると診察代が増えてしまいますので、3ヶ月に1回ぐらいを目安に定期健診を受けてみましょう。