分かりやすい説明があるかどうかこそが、小児科医の実力を見る上で重要な要素です。

MENU

説明のわかりやすさ

 

母親に説明する医者

 

信頼出来る小児科の選び方で、最も大切なことと言って良いでしょう。
子供が苦しむ状態で、ただの風邪だと言い放たれたら、不安や疑問が浮かんでしまいます。
本当に風邪だとしても、子を想う親からすれば丁寧な説明が欲しいと感じるものです。

 

珍しい病気であれば、尚更分かりやすい説明が無ければ安心できません。
医者、特に小児科は分かりやすい説明が出来るかどうかが良い医者の見分け方だと言っても過言では無いのです。

 

分かりやすい単語

医者の方に良くあるパターンには、難しい専門用語を多用するものがあります。
本人は分かりやすく説明しているつもりでも、一般人からはチンプンカンプンな話をしているのが該当します。
相手の立場になって説明出来ない小児科医は止めておくのが無難です。

 

誰もが理解出来る単語で会話を構築し、それこそ子供にさえ分かりやすく説明出来る医者は貴重です。
そのような医者を見つけたら、かかりつけの医者になってもらうのが良いでしょう。

 

納得が行く説明

例えば、子供がものすごく苦しそうにしているのに風邪だと診断されたら不安になります。
その時に、なぜ風邪だと診断したのか、どのような検査を行ったのか、そうした診断内容の説明があるかは大事です。
事実のみを告げられても医療の知識が乏しい人からすれば雑な診断に感じてしまいます。

 

そうした手間を惜しまず、しっかりと診断基準を説明してくれる医者は信頼しても良いでしょう。
病院が混雑しているなどの状況では一部例外となりますが、基本的には説明が出来る医者を信頼するべきなのです。

 

子供にも説明しているか

診断の結果を親だけでなく、子供にも説明しているかを見てみましょう。
子供にも分かるように病気の内容を説明し、どうすれば予防できるかを話してくれる小児科医は優秀です。

 

この子供に説明するというのが重要で、分かりやすい説明だけでなく、単語のチョイスや表現力も大事になります。
夜は温かくして寝る、手を洗う、そうした基本的な予防策を丁寧に教えてくれる医者は子供の信頼も得るでしょう。
分かりやすい説明があるかどうか、それこそが小児科医の実力を見る上で重要な要素なのです。

 

子供との相性が良いか