日本小児科学会ホームページでは小児科専門医の名簿が閲覧できます。

MENU

小児科専門医とは?どこにいるのか?

 

説明する女医

小児科専門医とは、子供の病気を専門に治療する医者のことです。
専門の資格を持っていなければならず、誰もが気軽に名乗れる訳ではありません。
いわば、小児科のプロフェッショナルが小児科専門医なのです。

 

大切な赤ちゃんが病気になってしまったら、軽い症状であっても腕の良い医者に診てもらいたいと思うはずです。
そうした際に頼りたいのが小児科専門医となるでしょう。

 

では、小児科専門医とはどこに居るのでしょうか?
頼りたくてもどこに居るのか分からなければ途方に暮れてしまいます。
どのように探し、何を基準に判断すれば良いかを知っておけば、いざという時に安心出来るでしょう。

 

 

小児科専門医という看板を探す

総合病院や小さなクリニックに小児科の文字を見つけるのは簡単です。
しかし、そこに小児科専門医が居るかは別の問題なのです。

 

ここで触れたいのは、小児科と小児科専門医は別の存在という点です。
同じ医者だと考えてしまいがちですが、小児科医は大人の診察も出来るし、一応子供の診察も可能な形態です。
つまり、子供の診察は出来るものの専門家では無いのです。

 

一方の小児科専門医は子供の診察に特化した医者です。
子供特有の病気や症状、診療方法や投薬に付いての知識を豊富に持っています。
コミュニケーションも子供を意識したものになっているので安心感を得られるでしょう。

 

まずは、小児科専門医の看板を探すことから始めてみてください。
小児科の看板は多くの医者が掲げられますが、小児科専門医の看板は資格を持っていなければ出せないのです。
病院やクリニックに小児科専門医の看板があるかを1つの基準にして探してみると良いです。

 

 

小児科専門医の名簿から探す

日本小児科学会ホームページでは、小児科の専門医についてや資格を持つ専門医の名簿が閲覧できます。
近くで見つからないのであれば、ネットの情報から小児科専門医を探して見ると良いでしょう。

 

小児科専門医は5年ごとに更新が必要なので、知識が不十分な医者は排除されて行きます。
現在専門医に登録されている人は、小児科のプロフェッショナルと考えて問題ありません。
赤ちゃんの健康を大切にするなら一流の専門医に診てもらうように心掛けましょう。
探すのは大変ですが、見つけておいて損はしない存在です。