ママ友の情報は参考程度に、ネットの情報は真偽を取捨選択することが必要です。

MENU

ママ友やネットから情報収集をしっかりと

 

小児科選びをするなら、情報収集もしっかりと行っておきたいものです。
片っ端から小児科のある病院で診察を受けてみるのも選択肢の1つではあります。

 

しかし、基本的に子供が病気になっている時に必要になるのが小児科です。
病気で体力が低下している子供を何度も連れまわすのは得策ではありません。

 

出来ることなら評判の良い、信頼できる小児科を素早く見つけるのが望ましいです。
そこで活用したいのがママ友のネットワークネットでの情報収集です。
近くに住むママ友であればいろいろな情報を持っていますし、ネットで幅広く情報を集めるのも良いでしょう。
情報収集の大切さを知り、具体的な行動へ役立ててみてください。

 

 

ママ友のネットワーク

スマホをいじる女性

子供のことで頼りにしたいのがママ友のネットワークです。
同じ子供を持つ母親だからこそ、小児科の良し悪しを既に経験済みなのです。
どこの病院の小児科医が良い、悪いという情報をたくさん得られるでしょう。

 

すぐに薬を出してくれる病院コミュニケーションが良好な病院雰囲気や治療費の情報を得られます。
こうした情報を事前に持っておくだけで、いざという時の行動が大きく変わります。

 

ちなみに、ママ友の情報は参考程度に聞いておくのが良いです。
すべてを信じて行動するのではなく、参考として捉える気持ちを持ちましょう。

 

子供に合う病院や小児科医は異なるので、他のママ友が絶賛する場所がそのまま良い病院になるかは別です。
最終的には、自分の子供に合った小児科医を見つけるようにしてみてください。

 

 

ネットで情報収集

評判の良い小児科医は個人がブログに書きこんでいたり、病院のホームページで紹介されたりしています。
ネットを検索して広い視野で情報を収集するのも大事になります。

 

近所に小児科専門医が居ないなら、どこまで遠出すれば良いかを探してみてください。
あまりにも距離がある場合は、緊急時に子供を連れて行くのが大変なので止めましょう。
それほど遠くない距離に小児科の病院があるなら、1度は様子を見に行くと良いです。

 

注意したいのは、ネットの情報の真偽を取捨選択することです。
良い情報も悪い情報も、それが真実かどうかを見極めるリテラシーが求められます。